レンタカーの料金の仕組みを理解しよう

レンタカーを初めて借りる場合は、どれぐらいの料金になるか不安な人が多いはずです。一体合計でどれぐらいの金額になるのかわからないこともあるはずです。料金は、一括でいくらという場合とオプションと基本が分かれており、基本だけならいくらという場合もあります。このように、業者によって金額の提示の仕方が違うため、やや分かりにくい傾向があります。ただ基本的には、特別な理由がない限り基本料金以外取られることはありません。もし基本料金以外とらえられるとすれば、車をぶつけた時やオプションを設定したときです。業者によってはオプション自体が存在しないこともありますが、最初からオプションが別になっていれば、その分費用は高くなります。ぶつけた場合は、すべてを支払うわけではありませんが、いくらまで支払わなければいけないかは契約するときの書類を見て判断をしましょう。

安い料金が実現できる理由を知っておこう

レンタカーについて調べてみると、必ず激安の業者があります。例えばコンパクトカーを1日借りる場合平均的には8000円ぐらいになりますが、格安の業者は4000円ぐらいで貸してくれることがあります。そもそもなぜ格安が実現できるかが問題です。格安が実現できる理由は、ガソリンスタンドなどが副業で車を貸しているなどの理由があるからです。この場合、利用される自動車はほとんど中古車になります。ガソリンスタンドが安い中古車を買い取って、それをレンタルする仕組みです。これによって自動車購入費用が安くできるため、車を借りる時の費用も安くなります。格安の業者は、車の質があまり良くないことがあります。壊れた走ることができないような車はまずありませんが、設備が古く、一昔前の車を利用していることがあります。

基本料金とオプション料金に注意をする

安いレンタカーは、基本料金のみを提示することで、安く見せている可能性があります。基本料金のみだと、カーナビゲーションシステムなどを利用することができず、初めて通る道は不便になります。また、5歳以下の子供が乗る場合はチャイルドシートをつけなければなりませんが、チャイルドシートも有料の可能性があるでしょう。カーナビゲーションシステムやチャイルドシートなどを搭載した場合、それぞれプラス1000円ぐらいかかることがあります。結局それらを合わせて合計すると、通常の業者と同じぐらいの金額になる可能性も考えられます。このように、料金システムは、業者によって微妙に異なりますので、仕組みを理解するためには、いくつかの業者の料金システムについて調べておいてもよいでしょう。